忍者ブログ
キタユキのdiary★
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不思議な街
深夜1時

ひと気もまばらな道路を走り出す。

大好きなベイ・ブリッジを渡り
未来都市のような道を走り
まるで空中走行してるみたいな
レインボー・ブリッジを渡り・・・
ようやく私達を乗せた車は着陸した。
30分足らずの空中散歩
辺りは高層ビルだらけ。
高く、暗く聳え立っている。


コンクリートの深い森の中
ある路地へ迷い込む。
そこだけはジャングルが開けたようになっていて
なんだか・・・
どこからか懐かしい匂いがする。


シンと静まり返ったその場所は
店という店のシャッターが閉まり
ゴーストタウンのよう。

『なんか異様な雰囲気』
ぽつりとつぶやいて、私達は暗い路地をあても無く歩いた。



突然だった!

その場所が『街』になったのは。

時計を見ると深夜3時。

次々とシャッターが開き、
人々が姿を現す。
見たこともないオモチャのような不思議な乗り物で
皆競うようにどこかへ向かうのだ。



真冬の澄んだ空気の中
その街は一瞬にして活気と
生命力に満ち溢れた・・・。


長くて疲れちゃった?
まぁそう言わずに笑

そうです、築地
初めて行ってきました。

SF小説風に書いてみましたが、
行ってみたくなりました


お寿司を食べに
24時間やってる寿司屋が結構あるんだね~。




お土産には、あの人のアニキの
玉子焼きを購入



冒頭のインチキ小説は
あながち嘘でもなくて、
私には本当にそう見えました。

高層ビル群の中で生き残った
歴史ある街と人々。

とにかく市場がマジで巨大
売ってるものも、ありとあらゆる海産物
カナリのグロさだけど(失礼!)
水族館的な面白さがあります。

ウワサには聞いてたけれど、
電動カートみたいなのの爆走もすごかった
素人がウロついてたらひかれます



あんな魅力的で伝統ある街を移転するなんて、
無茶でしょ

築地、なかなかドラマチックな街でした
(昼間はどんななのか気になる・・・)

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事のトラックバックURL:
calendar

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
profile

HN:
キタ ユキ
性別:
非公開
coment

[05/14 SHINO]
[04/07 Stonianty]
[07/18 SHIRO]
[07/10 キタユキ]
[07/10 キタユキ]
bar code

retrieval in blog

アクセス解析